あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【全部読もう!】超定番!超名作!綾辻行人さんの『館シリーズ』の順番を紹介するよー!

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今日は久々に国内ミステリ、綾辻行人さんの『館シリーズ』の順番を紹介します!

超定番!超名作!綾辻行人さんの『館シリーズ』の順番を紹介するよー!

超定番にも関わらず、あべろぐぷらすではまだ紹介していなかったのですよ。綾辻さんの館シリーズ第一作『十角館の殺人』は、国内ミステリの中でも重要な作品とされています。ぼくも十角館の殺人だけは読んでいます。読んでない人は今すぐ読んで下さい!面白いですから!!!

 

ちなみに海外でも日本の本格推理小説が超面白いと話題になっているらしく、綾辻さんの十角館の殺人はなんと翻訳されています!!『十角』館ですので、『デカゴン』ハウス。なんとなくかわいい雰囲気になっていいですね 笑!

The Decagon House Murders

The Decagon House Murders

 

そしてこのシリーズ、次の作品を読もうと思うと必ず『次はどれだろう??』ってなります 笑。タイトルだけでは判断不能ですので、しっかりとメモしておきますね!では早速紹介していきます!

十角館の殺人

水車館の殺人

迷路館の殺人

人形館の殺人

時計館の殺人

黒猫館の殺人

暗黒館の殺人

びっくり館の殺人

奇面館の殺人

 以上、9作品です!

 

 読書スピードがあまり早くはないぼくですが、『十角館の殺人』は一気読みでした。なかなか分厚い文庫なのですが、おそらく他の作品も一気読み間違いなしなのでしょう。

 

そして館シリーズとはちょっと話が違いますが、この話を触れないわけにはいけません。最近ミステリ小説関連のテレビ番組に引っ張りだこな綾辻さん。普段から超多忙な生活を送っていそうなのに、テレビまで出てしまうなんて本当にスゴイですね。

 

江戸川乱歩、横溝正史、松本清張、アガサクリスティ、どの番組のトークも面白かったです。みなさんも小説をチェックしつつ、綾辻さんの出る番組をぜひチェックするようにしてみて下さい!きっと面白いミステリトークが聞けるはずですよ!次なる館はなに館になるか楽しみにしつつ、館シリーズを楽しみましょう!それでは!