あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

7月26日は幽霊の日!幽霊な推理小説をピックアップしてみました!

こんにちは、あべし(@honjituno)です。世間では7月26日は『幽霊の日』らしいです!そんな日があるのか!と突っ込みたくなりますが、今日は幽霊の日にちなんで幽霊な推理小説をピックアップしてみました!

7月26日は幽霊の日!幽霊な推理小説をピックアップしてみました!

幽霊な推理小説って何よ!?という話ですが、単純にタイトルに幽霊がつく推理小説を選定基準にしてみました 笑。でもそれだけでは収集がつかなくなりそうだったので、何となく古典に分類できそうな作品をピックアップしていこうと思います! 

 幽霊塔 江戸川乱歩

幽霊塔 黒岩涙香 

幽霊塔

幽霊塔

 

幽霊の2/3 ヘレン・マクロイ 

幽霊射手 ジョン・ディクスン・カー 

幽霊射手 (創元推理文庫―カー短編全集 4  (118‐20))

幽霊射手 (創元推理文庫―カー短編全集 4 (118‐20))

 

幽霊座 横溝正史

幽霊座 「金田一耕助」シリーズ (角川文庫)

幽霊座 「金田一耕助」シリーズ (角川文庫)

 

 以上、5作品でストップしておきます!

 

こういう感じで、その季節特有の読書も面白いですね!ちなみに江戸川乱歩と黒岩涙香が両方とも『幽霊塔』ですが、これは黒岩涙香の幽霊塔を読んだ江戸川乱歩がその面白さに感動し、自分の幽霊塔にリメイクしたものです。

 

幽霊な推理小説ということでピックアップしてみましたが、正直その方面の小説に明るくなく、見切り発車的になってしまいました 笑。時の流れと共に、このブックリストは少しずつ伸びていくか、入れ替わるか、メンテナンスされていく予定です。やはりブックリスト作成にはセンスと経験が必要です!頑張ってレベルアップしていきます!それではー!