あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【すごい!】数学の超難問『ABC予想』が証明されたよ!と聞いたので、素人だけどちょっとだけ調べてみた!

f:id:abeshi01:20171217233822j:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今日は旬な話題のお話です。数学の超難問とされていた『ABC予想』の証明が、ついに論文に掲載されることになったそうです!ということは、証明が正しいことの検証が終わったということらしい!しかも、証明をしたのはなんと日本人!!すごい!!!

数学の超難問『ABC予想』が証明されたよ!と聞いたので、素人だけどちょっとだけ調べてみた! 

冒頭で少しテンション高めでさらっと書いてしまいましたが、今回の『ABC予想』の証明をしたのは、京都大学の望月教授です。 

 

それで気になるのは、『このABC予想が証明されるってどれぐらいすごいことなの??』ということ!もと理系としては、理系なニュースが話題になると色々と気になってしまうので、今回も少しだけ調べてみることにしました。

 

そして、正直に言うと『京大の教授がABC予想という数学界の難問を証明した!すごいね!』ということしか、分かりませんでした。はい、全く分かりません笑。だって、証明した論文は500ページもあるらしいし、発表された当時誰も論文を理解できる人がいなくて、専門家に対して望月教授が勉強会を開くというすごい状況になっていたみたい…それなのに素人が分かるわけない!!

 

でも、調べながら『すごいと言われているポイント』は何となく分かってきたので、少しだけ調査結果を書いてみたいと思います。

証明した望月教授の経歴がすごい!

数学界の超難問といわれているABC予想。その証明をした人はもちろん天才なわけで、経歴がすごいです。具体的にどのぐらいすごいというのは分かりません。規格外すぎてすごいということだけは分かります。これだけとびぬけていると、マスコミがお祭り状態になるのも納得でした。

 

16歳で米プリンストン大学に入学し、19歳で学士卒業。23歳で博士課程修了。27歳で助教授就任。32歳で教授就任。飛び級に次ぐ飛び級!まぶしい…まぶしすぎます!!!ちなみにぼくの経歴を並べて書いてみると、19歳で大学入学、23歳で学士卒業。27歳でうつで休職。32歳で空き家の借主になる。差は歴然です笑。

matome.naver.jp

フェルマーの最終定理がさらっとなる

あの『フェルマーの最終定理』が、このABC予想の証明を利用することで、さらっとなってしまうそうです。頑張って理解しようとしてみたサイトを貼り付けさせて頂きます。

normahead.seesaa.net

フェルマーの最終定理の証明じたいは理解できるものではありませんが、その証明にまつわる小説は以前読んだことがあります。その小説のタイトルはもちろん『フェルマーの最終定理』。数学について全く分からなくても、とても面白く読めました!

今回のフェルマーの最終定理のように、ABC予想の証明を利用することによって出来るようになることが色々増えるようなのです。例によって、どういう風に応用できるのかは理解の範囲外ですが、分からなさ過ぎて逆に期待は大きく、ワクワクしてしまいます!

 

数学を勉強してきた人ではないので、『証明できた!やったー!』という喜びよりも、『こんな問題を証明できる天才が日本にいたなんてすごいなぁ!』と、しみじみ感動してしまいます。 『フェルマーの最終定理』みたいに、『ABC予想』っていう小説が出たらいいななんて期待してしまいます。

 

あと個人的に数学の超難問として気になっているのは、素数の問題の『リーマン予想』というやつです。この問題を解いてしまったら、今の世の中の仕組みが色々と変わってしまいそうなのですが、自分が生きているうちに解いたいうニュースを見てみたいなとひそかに期待しています。その時はまたブログでレポートしたいと思います笑!それではー!