あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

中央線沿線古本めぐり!吉祥寺の古本屋『よみた屋』さんに行ってきたよー!

f:id:abeshi01:20180109211046p:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。お正月帰省古本旅シリーズ第1弾です!シリーズ最初のお店は『吉祥寺のよみた屋』さんですよ!中央線沿線は古本がアツいんです!!

中央線沿線古本めぐり!吉祥寺の古本屋『よみた屋』さんに行ってきたよー!

中央線沿線は実は古本屋激戦区!東京の東には神保町がありますが、東京の西には中央線沿線あり!という構図になっています。

 

先日の神保町カレー探訪エントリで書いた通り、お正月の帰省で関東に帰ってきたので、そのついでに関東の古本スポットめぐりをしてきました!

 

どこへ行ってきたのかというと、『神保町』と『中央線沿線』です!今回の古本屋めぐりは吉祥寺からのスタートです!吉祥寺の古本屋といえば、そう!『よみた屋』さんですね笑!

 

最初は西荻窪スタートの予定でしたが、ほとんどの古本屋がお昼開店だったので、急遽吉祥寺の古本屋さんに行くことになりました。1月4日だったので、仕方ないですね…。

 

というわけで、やってきました吉祥寺!!こちらがお店の外観です!お店の外の棚も充実してて嬉しいです。
f:id:abeshi01:20180107235845j:image

よみた屋さんには、普段から均一棚からばかり買っているようなぼくにとって、とても嬉しい棚があります。

 

それは入り口のすぐ右側にある棚。 なんと全ての本が50円という破格の棚なのです!!あまり教えたくないけど、1冊50円なのです!!

 

神保町とかだと、50円均一の棚というのはほぼないと思います。早稲田の方だとありそうなイメージなのですが、どうなのでしょう??

 

そのかわり状態はダメなやつが多いです。50円ですので当たり前なのです。ぼくのように状態はどうでもいいから、昔のミステリ小説が欲しいんです!という方にお勧めです!

 

本棚はすみっこにあるので、とても狭いのですが、頑張ってお目当てのミステリ小説を探してきました!

 

そしてこちらが今回購入した本です!!ほぼ100%50円均一棚からの購入笑!創元推理文庫シリーズです!背表紙にマークが書かれていた頃の文庫を集めています。普通に『ディクスンカー』とかあるのがすごいです。
f:id:abeshi01:20180108000120j:image

早川文庫と創元推理以外に、角川や新潮のものもあります。エラリークイーンとか嬉しいですね!新潮の『オランダ靴の秘密』は帯付きなのに50円ですよ!見ての通りボロボロだけど、最高です笑!
f:id:abeshi01:20180108000145j:image

でも1冊だけ150円の本があります。ポーの『アッシャア家の崩壊(角川文庫)』がそれです。ポーだし、文庫といえどなかなか100円台でお目にかかれることはないので即買いでした!

 

以上、よみた屋さんレポートでした!ありがとう、よみたやさん。おかげでお正月そうそう1冊50円で大量の海外ミステリを収集することができました。ぼくのせいで本棚のある段がスカスカになってしまいましたが、お正月ということでお許しください笑。

 

ほぼ年に一度しか訪問できないので、思いっきり買ってしまいました。これだけかっても1000円ぐらいでしたよ!

 

よみた屋さんは、ミステリ小説専門という訳ではないので、色んなジャンルの本を扱っています。外の均一台も充実している楽しい古本屋さんですので、吉祥寺に行った時にはぜひ立ち寄ってみて下さい!それではー!