あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

古書ミステリ読もう!ジョン・ダニング『クリフォード・ジェーンウェイ』シリーズの順番を紹介するよ!

f:id:abeshi01:20180207134551p:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今日は古書ミステリの人気シリーズを紹介します!ジョン・ダニング『クリフォード・ジェーンウェイ』シリーズの順番を紹介していきますよ!

古書ミステリ読もう!ジョン・ダニング『クリフォード・ジェーンウェイ』シリーズの順番を紹介するよ!

今日紹介するジョン・ダニング『クリフォード・ジェーンウェイ』シリーズは、古本好きにはたまらないシリーズです!

 

古本好きは、そこに古本があるというだけで嬉しいもの。収集対象とは全く別のカテゴリでも興味を持つし、小説に出てくるともっと嬉しいですよね。

 

日本で言うと『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズでしょうか??あれで古書ミステリ(ビブリオミステリ)の世界にはまりました。そこから同じようなミステリを探していた時期があり、このシリーズにたどり着きました!

 

古書を扱っていて、しかもミステリということは、面白くないわけがありません!図書館で見かけた時からずっと気になっているシリーズです。

 

シリーズは全部で5作品!早速紹介していきます!

死の蔵書

 

幻の特装本

 

失われし書庫

 

災いの古書

 

愛書家の死

以上、5作品です!このシリーズ、いつも通りですがまだ読んでいません。というのも、ちょっとした訳があります。

 

現在、海外ミステリにドはまりしていて、そこを中心に古本を集めています。最初は東野圭吾さんの初版本(文庫)収集から始まり、早川ポケットミステリ、創元推理文庫と、今もどんどん収集対象が拡大しています。

 

最初に書いたように、古本好きはどんなカテゴリのものでも興味を持ってしまいます。これはもう仕方がありません。ですので、もしもここで物語に出てくる稀覯本にまで手を出すようになってしまったら…。

 

考えただけで恐ろしいです笑。結局はこのシリーズも読むことになると思いますので、ちゃんと自制心をもって望みたいと思います!

 

最後におすすめエントリの紹介を!少し前になりますが、古書ミステリだけでブックリストを作成しています!よろしければそちらもぜひー!それではー!

www.abelog-plus.com