あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

結構お金かかる!?空き家に住むなら最初の出費に備えて貯金しておこう!

f:id:abeshi01:20180219193912p:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。空き家に引っ越してきて、半年がたとうとしています。その間色々なことがありましたが、今日のお話は『お金』の話。空き家に住むなら最初の出費に備えて貯金しておきましょう!

結構お金かかる!?空き家に住むなら最初の出費に備えて貯金しておこう!

ある程度は覚悟していましたが、感覚として『結構、お金出ていくな…。』という風に感じています。

 

家賃は大幅に削減できたはずなのですが、それと同等か、それ以上に出費がありました。空き家に引っ越しをしたおかげで、家賃が月3万円以上安くなっているのですが…。

 

何にそんなにお金がかかるの??というところが気になると思います。空き家を借りる前の段階の出費から、借りた後の出費についてまとめていこうと思います!

空き家を借りるまでの出費

まず、当たり前ですが引っ越し費用です。引っ越し作業費、空き家の敷金・礼金(わが家の場合は敷金のみ)、1か月分の家賃を前払い、不動産屋への仲介手数料。それに加えて、賃貸ですので保険に入らないといけません。

 

ここら辺は市の空き家バンク制度といえども、助成金などはありませんでした。ここまででおよそ20万円かかりました。

 

これで、無事空き家を借りることができたわけですが、空き家ですので設備や家の補修をしなくてはいけません。

 

借りた空き家は、もともと大幅な修繕が必要な物件でしたので、大家さん側である程度リフォームして下さいました。これで床、天井(部屋・お風呂場)、壁など、家の構造的な部分はある程度きれいになりました!

 

空き家バンクの登録物件の中で、リフォーム後に貸し出すというパターンはなかなかありませんでした。

 

もし、リフォームなしでここに住もうと思ったら、自分たちでやらなければいけなかったということ。本当にありがたかったです。

照明関係

構造的な部分はクリアできました。残るは内装です!その中でも特に出費が大きかったのは、照明関係でした。

 

各部屋、トイレ・洗面所、廊下などの照明は、ほぼ総取替でした。引掛けシーリングの取り付けからしなければならない箇所がほとんどで、街の電気屋さんに来て工事をしてもらいました。

 

設備自体は古いけど、電球を取り換えれば大丈夫な場所は、そのままにしておきました。そんなわけで、照明関連だけで、だいたい35000円ほどでした。

ネット開通工事費

続いて、引っ越しといえば、ネットの開通工事ですね!アパートから、一軒家への引っ越しでしたので、毎月の利用料もアップしてしまいます。

 

開通工事にはお金もかかりましたが、時間も結構かかりました。空き家に引っ越す場合は、利用開始まで余裕をもっておくようにしましょう。

www.abelog-plus.com

その他の出費 

残る出費は、こまごましたものたちです。一つ一つの出費は大したことはありませんが、トータルすると引っ越し作業代ぐらいになってしまっています。

 

掃除用具を大量に用意したり(大体は100均ですが、掃除機も購入)、リビングと廊下のカーテンを用意したり、畳がボロボロの場所があったので、床にゴザを敷く必要があったり、お風呂の設備(栓、シャワーホース交換、バスマットなどなど)も交換しました。

 

外で布団を干せないので『布団乾燥機』が必要になったり、冬寒いので『石油ファンヒーター』を買ったりしました。

 

あとは必ず必要というわけでもありませんが、BSアンテナを取り付けたりしました。車に乗るようになったので、カーナビも購入しました。そして、メガネの度数も上げました。こまごましたものたちですが、じわじわと家計にのしかかってきています。ふぅ…。

まとめ

空き家に引っ越しをすると、最初は結構出費あるかもしれません!!家賃が安くなって固定費は削減できますが、それ以外の出費が確実に増えてきますので、初期費用はしっかり備えておきましょう!

 

家賃が安くなって、そのおかげで家計全体の出費が抑えられるのは、引っ越してから1年後ぐらいかなと思っています。すでに1年分の家賃削減効果を上回る出費がありました笑。

 

長く住めば住むほど、その効果が大きくなっていくのでしょう。出ていくものもありますが、節約できるようになった箇所もありますので、引き続き節約頑張っていこうと思います!それではー!