あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【おすすめ】名作シリーズ!エラリー・クイーン『ライツヴィルシリーズ』の順番を紹介するよ!

f:id:abeshi01:20180314200159p:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今日は人気シリーズの順番紹介エントリ!今回は名作からセレクトしてみました!

 

エラリー・クイーン『ライツヴィルシリーズ』の順番を紹介していきます!実はこんなシリーズもあるんですよー!

エラリー・クイーン『ライツヴィルシリーズ』の順番を紹介するよ! 

エラリー・クイーンの有名シリーズと言ったら、ほとんどの方が『国名シリーズ』と『レーン四部作』を上げると思います。読者への挑戦!!というスタイルも有名です。このブログでも、以前順番紹介をしていました。

www.abelog-plus.com

www.abelog-plus.com

しかし、エラリー・クイーンはもう一つシリーズものの作品を発表しているのです!それは『ライツヴィルシリーズ』というシリーズ!

 

ライツヴィルとは、作者がつくった架空の町の名前で、物語の舞台になっています。国名シリーズなどのガチガチの本格ミステリではなく、人間ドラマの要素も入っていて、ミステリ初心者でも読みやすいシリーズのようです。

 

それぞれの作品名は何となく知っていましたが、それらが一つのシリーズものだったということは知りませんでした!シリーズものならば、紹介しないわけにはいきませんね!

 

『ライツヴィルシリーズ』は全部で6作品です!第1作『災厄の町』は、早川書房から新訳版が出ていますよ!それでは、早速紹介していきます!

災厄の町

フォックス家の殺人

十日間の不思議

ダブル・ダブル

 

帝王死す

最後の女

以上、6作品です!災厄の町以外の作品は、読もうと思ったら入手するの難しそうな雰囲気ですね。どうやら古本じゃないとなさそう…。

 

戦後初期のポケミスのラインナップを、1970年代から文庫化し始め、今はそのままというパターンのようです。わが家にも数作品ありますが、ボロボロすぎておそらく読むことはきびしいです笑。

 

各シリーズの第1作目は読んでおこうと思い、『ローマ帽子の謎(国名シリーズ)』と『Xの悲劇(レーン四部作)』は頑張って読みました!シリーズものと聞くと、とりあえず最初の作品が読みたくなってしまうので、このシリーズもまずは『災厄の町』を読んでみようと思います!

 

引き続き、早川書房さんに新訳版の出版を頑張って頂きたいですね!他の作者やシリーズの新訳で忙しいと思いますが、応援してます!!それではー!