あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【家庭菜園】ナス科野菜が狙われている!?じゃがいものテントウムシダマシ被害状況を記録してみた!

f:id:abeshi01:20180506191542j:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今日は家庭菜園のお話です!じゃがいものテントウムシダマシ被害状況を観察してみたので、ブログに書いておこうと思います!

 

▼テントウムシダマシに見事に騙された話はこちら!

www.abelog-plus.com

じゃがいものテントウムシダマシ被害状況の記録! 

虫が苦手な方はごめんなさい…。彼らが今回の主役、テントウムシダマシさんです。全く付いていないじゃがいももありますが、探してみるとちらほら見つかる程度には住み着いています。

f:id:abeshi01:20180506191617j:plain

見た目が完全にテントウムなので、アブラムシ退治をしてくれていると勘違いしてしまうのも無理はありません。(と、自己弁護をしてみます。笑)

 

見た目はテントウムシだし、あんなに小さいのに、こういった感じで葉っぱをかじられてしまうんです。小さく穴が開いていたり、茶色く変色してしまったりして、少し痛々しい雰囲気…。

f:id:abeshi01:20180506191648j:plain

じゃがいもの方も負けじとどんどん新しい葉が出てくるのですが、やはりダメージが気になるところ。

テントウムシダマシはナス科野菜を狙う!

テントウムシダマシはナス科の植物の葉っぱに集まってくるようで、まず春のじゃがいもがターゲットになります。

 

『ん??じゃがいも…ナス科(・・?』と思われた方もいるかもしれません。実は、じゃがいもはナス科の野菜なのです!ぼくは家庭菜園を始めるまで全く知りませんでした笑。

 

じゃがいも畑で勢力を拡大した彼らは、次のターゲットに移動しながら徐々に拡大していくのです。

 

春はじゃがいも。5月から6月にかけては夏野菜の植え付けがありますよね!夏野菜の主役なナスはもちろん、トマト、ピーマン、シシトウ、パプリカ…ぜーんぶナス科なのです(;´Д`)!!

 

そこを狙うようにガンガン繁殖していくテントウムシダマシは本当に賢いなと感心してしまいました。

早速、対策してみたよ!

というわけで、これ以上被害を拡大させないために、先日ホームセンターに行った時に購入したスプレーをしておきました。

 

ちなみに使用したのは、住友化学園芸の『ベニカベジフルスプレー』です!じゃがいもはもちろん、家庭菜園で育てるであろう大抵の野菜はこれ1つでカバーできます。

とりあえず、これで一度様子を見ようと思います。スプレーついでにじゃがいもの芽かきもしておきました。種イモをまるまる1つ植えているので、こまめに芽を取っておこうと思います!

f:id:abeshi01:20180506191722j:plain

まとめ

じゃがいものテントウムシダマシの被害状況の記録でした。テントウムシダマシはナス科の植物の葉っぱをガンガン狙ってきます。

 

春にしっかり対策しておかないと、夏野菜まで被害が及んでしまう可能性があります。 

 

今回のスプレーで一度様子を見ようと考えています!しかし、またすぐに葉っぱがやられてしまうようなことがあれば、次の一手を打とうと思います!

 

もしかしたらみなさんのじゃがいも畑にも彼らが住んでいるかもしれません!くれぐれもお気を付けください!それではー!