あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

自家製梅シロップ仕込みレポート!畑で収穫したウメを使って梅シロップを仕込んでみた!

f:id:abeshi01:20180712005016j:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今日は梅シロップづくりのお話です!

 

先日、畑で収穫したウメを使って、自家製梅シロップを仕込んでみました!

 

今回使用した道具や、レシピを紹介しながら梅シロップ作りをレポートしていきたいと思います٩( ''ω'' )و

 

▼自家製梅酒仕込みレポートはこちら!

www.abelog-plus.com

自家製梅シロップ仕込みレポート!畑で収穫したウメを使って梅シロップを仕込んでみた!

先日、自家製梅酒仕込み記事は投稿していたのですが、仕込み予定だった梅シロップがずれにずれてこんな時期になってしましました(;´Д`)!!

 

本来はもう少し早い時期に仕込みます。みなさん、気を付けましょうね!

 

さてさて、今回使用したのはダイソーで購入した『梅酒瓶3L』です!ちなみに1つ300円です!100円じゃないので注意!

 

梅シロップづくりでは氷砂糖が大活躍します。梅酒仕込みではホワイトリカーも必要でしたが、今回は氷砂糖のみでOKです。

 

f:id:abeshi01:20180712005034j:plain

 

 

梅酒の材料

  • ウメ:1kg
  • 氷砂糖:1kg

使用する道具

  • 梅酒瓶(3L)
  • キレイなふきん
  • ボール(ウメ洗浄用)
  • クッキングスケール(デジタルのやつ)

 

梅シロップの仕込み手順! 

ウメの計量!

今回の梅シロップづくりは、ウメの計量からスタートです!収穫したウメの中から、きれいで大きめなウメを選んで1㎏計量しましょう!

 

わが家は自家製のウメなので、少し傷があるぐらいだったら気にせず使ってしまいました!

 

ウメを凍らせる!?

ここが梅シロップづくりのポイントで、なんとウメを凍らせてしまいます( ゚Д゚)!

 

カチンコチンにウメを凍らせるとウメの実の組織が壊れて、ウメの果汁が染み出しやすくなるんです!

 

ちなみに出典は、Eテレの『グレーテルのかまど』です。このまま一晩ほど寝かせておきましょう。

 

梅酒瓶の消毒!

無事にウメが凍りついたら、道具の方も準備開始です!梅酒瓶を熱湯で消毒し、乾燥させておきます。

 

ただし、ダイソーの梅酒瓶は基本的に熱湯はNGですよ!アルコール消毒が可能な方はそちらの方法を取られた方が良いかもしれません(*´▽`*)。

 

ウメの洗浄!

今回はウメのへた取りはスキップしてしまいました(;´Д`)!

 

梅酒づくりではウメのへたを取りますが、梅シロップは梅酒と違って短期間でシロップが出来ます。

 

手がめちゃくちゃ冷たくなりますが、凍ったウメをボールなどに入れて丁寧に洗っていきましょう。

f:id:abeshi01:20180712005137j:plain

 

梅酒瓶にウメと氷砂糖を投入!

続いて、梅酒瓶にウメと氷砂糖を投入していきます!ウメは凍ったままなので、この段階でもまだ冷たいです(>_<)!

 

凍ったウメ同士がくっついてしまうと思いますが、もう一度水で洗えばバラバラにできます!

 

ここでのポイントは梅酒仕込みと同じ!ウメ→氷砂糖→ウメ→氷砂糖という感じで、交互に層になるように入れていきましょう。

 

それぞれ1㎏入れ終わったあとに瓶を横から見てみるとこんな雰囲気にになりますよ(*´▽`*)。

 

f:id:abeshi01:20180712005150j:plain

 

梅酒のようにホワイトリカーの出番はありませんので、梅シロップの仕込みはこれで終了です!

 

まとめ

自家製梅シロップの仕込みレポートを書いてみました!

 

作り方は梅酒とだいたい同じですので、梅酒とまとめて仕込むと作業が楽になりますよ(๑•̀ㅁ•́๑)✧

 

今回仕込んだ作業手順をまとめておくと以下の通りです!

 

  1. ウメの計量!
  2. ウメを凍らせる!
  3. 梅酒瓶の消毒!
  4. ウメの洗浄!
  5. 梅酒瓶にウメと氷砂糖を投入!

 

本当だったらへたも取った方が良かったかもしれませんが、時短を選択することもありかなと思い切りました笑。

 

梅シロップ出来上がったら、ブログかTwitterでみなさんとシェアしようと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

レシピ自体簡単ですので、ぜひ試してみて下さいね!それではー!

▼おすすめの梅酒瓶について!

www.abelog-plus.com