あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

ホリエモン(@takapon_jp)の『これからを稼ごう』を読んだら、お金の未来が少し明るくイメージできた話。

f:id:abeshi01:20180722210517j:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今日はおすすめ本のお話です!

 

ホリエモンの『これからを稼ごう』を読んでみました!仮想通貨のお話の本ということで前から気になっていたんです!

 

最近の仮想通貨の落ち込み(?)に伴って、なかなか関連本も出版されなくなっていたので、嬉しいですね。

 

もちろん、あのCC騒動についても書かれています!ホリエモンが語る仮想通貨の今後についても必読です。

 

今回の本は、お金に対して暗い未来しかイメージできていない方に、ぜひ読んでいただきたいです!気になる方はぜひチェックしてみて下さい٩( ''ω'' )و

 

▼ホリエモン本の書評はこちら!

www.abelog-plus.com

 

www.abelog-plus.com

 

ホリエモンの『これからを稼ごう』を読んだら、お金の未来が少し明るくイメージできた話。

今日紹介していくのは、ホリエモンの『これからを稼ごう』です!サブタイトルに『仮想通貨と未来のお金の話』とあるように、仮想通貨について書かれている本ですよ!!

 

まずはいつも通り、内容紹介から始めていきますね!

 

 

お金は変わる。そしていずれ「なくなる」ーー。

 

2017年、バブルを迎えた仮想通貨市場。

 

だが、その本質は投機対象でも決済手段でも、あるいはブロックチェーンという技術革新ですらない。

 

お金という存在の正体に皆が気づき始めたことこそが、革命なのだ。

 

ビットコインが目指した自由、イーサリアムがもたらす大変革、そして新しく訪れる個人と会社・国家との関係性とは。

 

仮想通貨から学ぶ「これからの経済学」。

 

最近ホリエモンの本をよく読んでいるのですが、1冊を通して仮想通貨の本(厳密にはお金の話もありますが)というのは、なかったのではないかと思います。

 

この本が出版されるのを知った時から、『読んでみたい!!』と思っていて、ようやく読むことが出来ました(*´▽`*)

 

コインチェックのNEM盗難事件

冒頭でもすこしふれましたが、新書ですのでもちろんコインチェックのNEM盗難事件についても書かれています。

 

ええ、あの痛い思いをしてしまったあの事件ですよ…_(:3 」∠)_。

 

www.abelog-plus.com

 

事件後、コインチェックはマネックスに買収されることになりますが、その買収劇についても書かれています。

 

ここは新書ならではだと思いました。騒動の発端から、一連のごたごたを経て、コインチェック買収までのお話をホリエモンの考察つきで読むことができるわけですからね。

 

ちなみに、仮想通貨関連のその他の事件についてもちょこちょこ登場します。最新のトピックについておさらいしておきたい方にもおすすめです!

 

アイスランドでマイニング

アイスランドでのマイニング事情についても(本当に)さらっとふれているのですが、個人的にとても衝撃を受けてしまいました…。

 

仮想通貨のマイニングは電気代が安くて、気温が低い地域(寒冷地)が選ばれます。

 

そんなわけで、マイニング候補地としてアイスランドが人気みたいなのですが…

 

マイニングの電力消費量が、家庭の電力消費量を上回ってしまったらしいのです(;´Д`)。

 

アイスランドの人口は少ないということもあるのでしょうが、本来であればマイニング以外の目的に使うことが出来たエネルギーです。

 

大学から大学院にかけて環境を専攻していたので、仮想通貨のマイニングのエネルギー話を聞くと、毎回『うぅ(;´Д`)』となってしまいます。

 

おそらく、再生可能エネルギー(地熱??)だと思われますが、なんとなくもやもやしてしまいました。

 

ホリエモンのセルフGox話

これは少しほっこりするお話です。ホリエモンのセルフGox話も明かされています。

 

他人の不幸は…ということではなくて、あのホリエモンでもセルフGoxするんだと思ったら、なんだかほっこりしてしまいました(*´▽`*)。完璧な人はいないんですね。

 

ただその額は、決して笑うことができないレベル。

 

なんと数千万円分のイーサリアム( ゚Д゚)!!

 

原因は、ウォレットのパスワードを失念してしまったとのことです。パスワードはしっかり管理しておこうと、再認識しました。

 

ただこの話はおまけみたいなもので、この本の特徴といってもいいかもしれないのですが、『イーサリアム』についてとても詳しく書かれているんです!

 

ぼくは『イーサリアムってあれでしょ!スマートコントラクトのやつでしょ!?』という理解しかなかったので、めっちゃ勉強になりました。

 

『イーサリアム革命』という章を設けて、1章まるまるイーサリアム話です!このパートだけでも読む価値ありだと思います。

 

トークンエコノミーの話 

そしてそして、トークンエコノミーについてのお話も出てきます!トークンエコノミーについて書かれているところを引用させていただくと…

 

トークンエコノミーでは、国家ではなく特定のネットワーク内で流通する独自の通貨を、生産者が発行する。

 

そこで発行されたトークンを基に、国から独立した経済圏を作り出せる。

 

経済圏内の通貨となるトークンを、独自のルールで流通させる。そのルールは企業や組織が自発的に考えて、自由に設計できる。

 

国家が担当してきた経済運営の縮小版を、トークンを用いて手軽にできるのが、トークンエコノミーの大まかな構造だ。

 

ホリエモンのオンラインサロン『HIU(堀江貴文イノベーション大学校)』で、トークンであるHIUコインの『HIE』が発行されたそうです。

 

HIUのサロンの中であれば、将来的にお金の代わりに使用できるかもしれないということで、ホリエモンも注目しているプロジェクトなのですが…

 

なんか、これ聞いたことある話だな…(・・?

 

と思ってしまいました…。

 

そう!これって昨日始動したブロガーズギルド内の『ブロガーズギルドトークン(bgt)』そのもののお話ですよね( ゚Д゚)!!

 

そのコミュニティ内だけでしか使用することが出来ませんが、その中で実際のお金のように機能させていくことが出来ます。

 

ホリエモンは、サロンの性質上『コミュニケーションとか、自己アピールが上手で目立つ人』が評価されてしまうけど、

 

一方で目立ちはしないけど真面目にサロンに貢献してくれている人もいて、そういう人に対して『信用ポイント』を貯めていくような仕組みを作りたかったそうです。

 

面白そうだと思って喜んでいるぐらいでしたが、ブロギルに参加することで知らず知らずのうちに未来真っただ中な環境に身を置いていたんだなと実感してしまいました笑。

 

www.abelog-plus.com

 

まとめ

ホリエモン(@takapon_jp)の『これからを稼ごう』を読んでみました!コインチェック事件のお話など、最新のトピックも盛り込まれた仮想通貨本でしたよ!

 

もちろんそれだけではなくて、今後のお金のお話としてトークンエコノミーについて書かれています。

 

ぼくが参加しているイケダハヤトさんのブロガーズギルド内で、実際に動き始めたプロジェクトだったので、ワクワクしながら読めました。もちろん、エストニアのお話も笑。

 

最後に。 

 

本書の冒頭には『いつまで君は円建てて人生を考えているんだろう?』と書かれたページがあります。

 

ぼくは今後の人生、円だけで考えていたら暗いイメージしか描くことが出来ませんでした。

 

でも、その他にも仮想通貨やブロックチェーンをはじめとした色々な技術が登場しています。それらを使用した未来の可能性を想像したらとてもワクワクしました。

 

なんとなく、お金に対して暗い未来しかイメージできていない方、ぜひ読んでいただきたいです!本当に色々な可能性があるので、気になる方は一度読んでみて下さい!それではー!