あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

自宅でコーヒー焙煎!生豆から焙煎してみたので、焙煎手順を紹介します!

f:id:abeshi01:20180825173726j:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今日はコーヒー焙煎のお話です!

 

みなさん、ご自宅でコーヒー豆を焙煎したことはありますか??

 

そこまで特別な道具がなくても、自宅でコーヒー豆を焙煎することが出来るんですよ(*´▽`*)!

 

今回はコーヒーの生豆の入手方法や、わが家で使用している道具を紹介しながら、

 

自宅でのコーヒー焙煎のやり方をレポートしていきたいと思います٩( ''ω'' )و!

自宅でコーヒー焙煎!生豆から焙煎してみたので、焙煎手順を紹介します!

今日はコーヒー焙煎のお話をします!最近、わが家でひそかなブームなんですよね!

 

 

今回はコーヒーの生豆の入手方法や、わが家で使用している道具を紹介しつつ、焙煎の方法を紹介していきます!

 

コーヒー生豆の入手方法!

まず、コーヒー生豆の入手方法についてです!

 

焙煎したいからコーヒーの生豆を購入しようと思っても、なかなか見つからないんですよね(;´Д`)!

 

そんなわけで、我が家はまず通販で購入してみました!

 

その時に利用したサイトは『珈琲問屋』さんです!

 

www.tonya.co.jp

 

まず通販で購入してみましたが、実店舗のコーヒーショップでもお店によっては、生豆のまま販売してくれるところもありますよ!

 

焙煎に必要な道具と材料!

続いて、焙煎に必要な道具と材料について紹介します!

 

豆を焙煎するための網が必要ですが、その他は特別な道具は必要ありません!

 

ちなみに、わが家で使用している焙煎網はこちらです!

 

 

コーヒー焙煎の材料

  • 生豆:100gちょっと

 

使用する道具

f:id:abeshi01:20180825173753j:plain

  • 焙煎網
  • バット(底が平らなもの)
  • 三角コーナー用の網(豆の洗浄に使用)
  • キレイなふきん
  • うちわ
  • クッキングスケール(デジタルのやつ)

 

コーヒー焙煎の手順! 

続いてコーヒー焙煎の手順を紹介していきます!

 

焙煎の流れを紹介すると以下の通りです。

 

  1. 生豆の計量
  2. 豆の洗浄
  3. 欠点豆ハンドピック(焙煎前)
  4. 焙煎
  5. 豆の冷却
  6. 欠点豆ハンドピック(焙煎後)

 

生豆の計量

最初に生豆を計量します。目安は100gちょっとです。

 

f:id:abeshi01:20180825173836j:plain

 

100gぴったりじゃないのは、欠点豆のハンドピックで量が減ってしまうからです。

 

f:id:abeshi01:20180825173849j:plain

 

また、これ以上の量を一度に焙煎しようとすると、手焙煎だと重くて疲れてしまいます。気をつけましょう!

 

豆の洗浄!

計量を終えたら、生豆を洗浄します。

 

洗浄には三角コーナーにかぶせる網を使うと便利です!

 

f:id:abeshi01:20180825173904j:plain

 

このようにざくざく洗っていきましょう!

 

f:id:abeshi01:20180825173917j:plain

 

洗い終えた豆がこちらです。洗浄の過程で、豆についていた皮やゴミを取り除くことが出来ます。

 

f:id:abeshi01:20180825173932j:plain

 

きれいなふきんで、しっかりと水分をふき取っていきます。

 

f:id:abeshi01:20180825173945j:plain

 

欠点豆ハンドピック(焙煎前)

続いてハンドピックです!ハンドピックは焙煎前後に行います!

 

趣味の範囲で楽しんでいるだけですので、専門的なことはわかりませんが、

 

この豆はすりつぶして飲みたくないな…。と感じるものを、感覚的に取り除いていきます!

 

欠けているもの、形や色が変なものはこの段階でどんどん取り除いていきます。

 

f:id:abeshi01:20180825174002j:plain

 

焙煎!

ついに楽しい焙煎の工程です!自宅での焙煎ですので、コンロの上でやっていきます。

 

豆の薄皮が焦げてコンロの周りに降り注ぐので、掃除のことを考えてアルミのシートでガードしておくのがおすすめ!

 

f:id:abeshi01:20180825174016j:plain

 

ちなみにこちらは、ダイソーの『角丸兼用ガステーブル用マット(25枚入り)』です。

 

焙煎時間は全部で15分ほど!

 

最初は火から30センチほど離れた場所で、網を左右に振って焙煎していきます。

 

f:id:abeshi01:20180825174028j:plain

 

焙煎中は手元が熱くなりますので、本当は軍手でやるのがおすすめです笑。

 

焙煎開始して、最初の5分で豆が黄色くなってきます。

 

10分ほどたったところで、1ハゼ(豆がはじける音)が始まります。

 

15分ほどすると2ハゼ目も終了し、少し深入りのコーヒー豆になります。

 

途中で豆の色合いを確認しながら、好みの焙煎の段階まで進めていきましょう!

 

豆の冷却

焙煎が終了したら、豆を冷却していきます!

 

金属製のバットにいれて、うちわであおいで冷却していきます。

 

f:id:abeshi01:20180825174042j:plain

 

ここで冷却しておかないと、余熱で焙煎が進んでいってしまいます。

 

手でさわってみて、ほんのりあたたかいという程度まで冷やせたらひとまずOKです。

 

欠点豆ハンドピック(焙煎後)

続いて最後のハンドピックです!焙煎後に豆の形が悪いものがあればここで取り除いておきましょう!

 

今回は最初で多めに取り除いていたので、あまり出ませんでした。

 

f:id:abeshi01:20180825174054j:plain

 

以上で焙煎終了です!お疲れ様でした!

 

まとめ

自宅でのコーヒー焙煎のやり方をレポートしてみました!

 

今回説明した焙煎手順をまとめておくと以下の通りです!

 

  1. 生豆の計量
  2. 豆の洗浄
  3. 欠点豆ハンドピック(焙煎前)
  4. 焙煎
  5. 豆の冷却
  6. 欠点豆ハンドピック(焙煎後)

 

まだまだ勉強中ですが、これから焙煎加減を調節したり、

 

色々な種類の豆での焙煎を挑戦してみたいです!

 

道具と生豆さえあれば自宅でも簡単に焙煎することができますので、みなさんもぜひ試してみて下さい٩( ''ω'' )و!それではー!