あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【新刊情報】ノンシリーズなの!?ピエール・ルメートル『監禁面接』が発売してますよー!

f:id:abeshi01:20181002235630j:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今日は人気海外ミステリの新刊紹介です!

 

あのピエール・ルメートルさんの新作!『監禁面接』が発売してます!

 

 

新作は美女が監禁されることも、傷だらけにもならないみたいです笑!

 

今回は待ちに待った新作ということで、早速新刊情報をお届けしていこうと思います٩( ''ω'' )و!

 

ノンシリーズなの!?ピエール・ルメートル『監禁面接』が発売してますよー!

今回紹介するのは、ピエール・ルメートル『監禁面接』です!

 

待ちに待ったとか、新刊情報といいつつも、発売後すでに1月以上が経過してしまっているんですけどね…_(:3 」∠)_

 

いつも通り、まずあらすじを紹介していきます٩( ''ω'' )و

 

 

『その女アレックス』の鬼才ルメートル、最新作。

 

徹夜必至。一気読み保証。

 

どんづまり人生の一発逆転にかける失業者アラン、57歳。愛する妻と娘たちのため、知力と根性とプライドをかけた大博打に挑む!

 

鬼才のノンストップ再就職サスペンス! リストラで職を追われたアラン、失業4年目。

 

再就職のエントリーをくりかえすも年齢がネックとなり、今は倉庫でのバイトで糊口をしのいでいた。

 

だが遂に朗報が届いた。一流企業の最終試験に残ったというのだ。

 

だが最終試験の内容は異様なものだった。

 

〈就職先企業の重役会議を襲撃し、重役たちを監禁、尋問せよ〉

 

重役たちの危機管理能力と、採用候補者の力量の双方を同時に査定するというのだ。

 

アランは企業人としての経験と、同じく人生どんづまりの仲間たちも総動員し、就職先企業の徹底調査を開始した。

 

そしてその日がやってきた。

 

テロリストを演じる役者たちと他の就職希望者とともに、アランは重役室を襲撃する!

 

だが、ここまでで物語はまだ3分の1。「そのまえ」「そのとき」「そのあと」の三部構成を操って名手はアランと読者を翻弄する。

 

残酷描写を封印、ルメートルが知的たくらみと皮肉なブラック・ユーモアを満載して送るノンストップ再就職サスペンス!

 

ピエール・ルメートルさんといえば『その女、アレックス』ですよね!2015年のこのミステリがすごい!(海外編)で1位の作品です!

 

衝撃的な表紙だったので最初は読まず嫌いしていたのですが、読んでなかったことを後悔するレベルの面白さでした!

 

最近の海外ミステリ作品の中だと、数少ない読破している『カミーユ・ヴェルーヴェン』シリーズ!いわゆる『イヤミス』といわれる部類の読後感だったのですが、どの作品もほぼ一気読みだった気がします。

 

さてさて、そんなわけで個人的に大注目している、世間的にも超人気フランスミステリ作家さんなルメートルさん。

 

注目していながらも、新刊情報といいつつ、紹介が大分遅くなってしまいましたね…。

 

さてさて、新作のあらすじををみてみると、どうやらノンシリーズ作品のようなんです( ゚Д゚)!

 

まず、『ノンストップ再就職サスペンス?』ってなりますよね笑!

 

これまでのシリーズとはだいぶ異なる雰囲気です。

 

ただ、3部構成となっているところは気になるポイント!その構成にすることによって、何か読者を騙す意図を感じます。

 

騙される方が面白いので、今回も大いに騙されようと思います笑。

 

 まとめ

ピエール・ルメートル『監禁面接』が発売してますよ!

 

ノンシリーズということですが、今回も一気読みは保証されているそうです(*´▽`*)! 

 

ピエール・ルメートルの作品をまだ読んだことがないという方は、 『カミーユ・ヴェルーヴェン』シリーズがおすすめです!

 

読んだ後に『ズシン』と来るものがありますが、読んでおいて間違いなしですよー٩( ''ω'' )و!読書の秋のお供にどうぞ!それではー!

  

www.abelog-plus.com