あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

優しい本でした。ほっしー『うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた』を読んでみた!

f:id:abeshi01:20181130095518j:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今日はおすすめ本のレビューを書こうと思います!

 

今回は、ほっしーさんの『うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた』を読んでみました!

表紙のネコかわいい!

まず最初にお伝えしたいのは、『こちらの本はこわくないですよ!!!』ということです!

 

ほっしーさん!そしてうつの本ということで、とても気になっていた1冊でした!

 

厳しい内容はゼロですので、今うつとお付き合いしている方でも安心して読むことができますよ(*´▽`*)!

ほっしー『うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた』を読んでみた!

今日はおすすめ本の紹介です!ほっしーさんの『うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた』を読んでみました!

 

冒頭にも書いた通り、厳しかったり、こわかったりな内容はありません。

 

とても優しい本だと思いました。うつ治療中で、うつ関連の本を避けてしまっている方にぜひおすすめしたいです! 

 

いつも通り、まずは内容紹介をしていきます٩( ''ω'' )و!

 

Twitterで2.4万回リツイート、4.1万の「いいね! 」がついた 大反響の「うつマッピング」、待望の書籍化!

 

「うつマッピング」とは、 長年うつ病に苦しんできた著者が、 たくさんの治療法を試してきたなかで、 「効果があったこと」「なかったこと」を 1枚の図にしたものです。

 

本書では、著者の「うつマッピング」に即して、 「効果高い・お手軽」な対処法から 「効果低い・難しい」対処法まで、 自らの体験や根拠を交えながら具体的に解説。

 

まさに、経験者だから書ける、 「うつによいこと、そんなによくないこと」大全です!

2.4万回リツイート、4.1万の「いいね! 」!? 

この本のうつマッピングは、ほっしーさんのとあるツイートがきっかけとなっています。

 

こちらがきっかけのツイートです!

2.4万回リツイート、4.1万いいね…!!!  

すごいバズってます!そして、今回の本は色々な方がレビューされています!

 効果と難易度でマッピング!

本書の特徴は何といっても『うつマッピング』です!

 

 

ほっしーさんが実際に経験されたことの中から、効果が高かったものと効果が低かったものに分けてマッピングされていて、とても見やすく分かりやすいです(*´▽`*)!

 

うつな時は本を読むこと自体が大変なのですが、必要なところだけ読めるようになっていて、自分が気になり効果が高くてお手軽なものから始めていけばいいと思いました。

 

本書で紹介されているのはほっしーさんのマップですが、もちろん自分で作ることができますよ!

作りやすいようにマップもついてるよ!

うつマッピングの効果についても説明してくれています。以下の2つです!
  1. うつマッピングを作ると自分の傾向を知ることができる。
  2. 自分のうつには何が効いたのか、さくっと思い出すことができる。

また、マップを見せ合うことで効果を発揮すると書かれていました。SNSにアップすることでコミュニケーションのきっかけにもなります!

 

実際に『#うつマッピング』でTwitter検索すると、色んな方のマッピングを見ることができて面白いですよ!

 

ぼくもうつ→休職経験者ですので、あれこれ思い出しながらマップを作ってみたいと思います!

忘れてしまわないうちにね…(>_<)!

参考になる&共感することで溢れてる!

同じうつ病経験者目線で読ませて頂いたわけですので、うつ視点(?)での感想も書いていこうと思います。

 

ぼくは療養中に読書をすることが多く、そこで気をつけていたことがありました。それは『こわくない(厳しくない)本を選ぶ』ということです。

 

生きているだけでうしろめたさMAXですので、少し厳しい文体で書かれていたりするだけで『うぅ』となってしまうこともありました(;´Д`)。

 

今回の本では、何がこわくて何がこわくなかったかほっしーさんの経験に基づいて書かれています。

 

やってみたいけど、もしかしたら恐怖を感じてしまうのではと思ってできないことってありますよね。『恐怖』という感覚は人それぞれだと思いますが、当事者にとっては重要な情報だったりします。

 

今回紹介されている事の中には、難易度の他にも注意書き的に含まれているものもあり、とても参考になりましたし、ほっしーさんの配慮を感じました(*´▽`*)!

 

何度も書いていますが、このうつマッピングの本は優しい本ですよ!

 

まだまだ参考なるお話はたくさんあって、その中でも意外だったのが『ハーブティー』でした。

 

自律神経を整えてくれて、ほっしーさんは薬以外で効果を感じられたものがハーブティーだけだったとおっしゃられています。

 

一方、共感しかなかったのは『ぐるぐる思考に対して、最も即効性のある対処法は寝ること』『うつになってから甘いものが食べたくなった』ということ。

 

特に甘いものに関しては、もともとの甘党がよりパワーアップしました…( ゚Д゚)!当時お気に入りだったのが、市販のピーナツクリームをたくさんぬったパン…。みなさんくれぐれもお気をつけくださいね…。

www.abelog-plus.com

長々と書いてしまいましたが…

 

ほっしーさんの経験談の中で、とても生々しかったのは断薬してしまったというお話でした。

 

自分の判断で薬を止めてしまい、その後の落ち込みが激しくとても苦しかったと書かれています。

 

こういった経験談はとても貴重だと思いました。うっかり飲み忘れてしまうこともあると思いますが、自己判断での断薬は一番危険なことなのかもしれません(>_<)!

自分で判断は…だめ!

まとめ

ほっしー『うつを治す努力をしてきたので、効果と難易度でマッピングしてみた』を読んでみました!

 

厳しい内容はゼロですので、今うつとお付き合いしている方でも安心して読むことができます!

 

ぼくの場合、なんとなくでやってきた感じだったので、一度マッピングして整理しておきたいと思いました。

 

また、『効果、難易度がともに高い対策』は、まさにやりたいと思ってるけどできてないことのオンパレードでした…。

 

認知の改善、他人との比較、自己理解…そしてお金(T_T)!難しいと思いますが、少しずつ取り組んでいきたい!でも…まずはハーブティーから始めてみようと思います٩( ''ω'' )و!それではー!