あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【有栖川有栖】『学生アリスシリーズ(江神二郎シリーズ)』の順番を紹介!【長編4作品+短編1作品】

f:id:abeshi01:20181221114622j:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今日は人気国内ミステリシリーズの順番紹介!

 

今回は有栖川有栖さん『学生アリスシリーズ(江神二郎シリーズ)』の順番を紹介していきます!

シリーズ最新作『インド倶楽部の謎』が出版された『火村英生シリーズ(作家アリスシリーズ)』の順番紹介はこちら!

www.abelog-plus.com

『学生アリスシリーズ(江神二郎シリーズ)』の順番を紹介!

有栖川有栖さんの人気シリーズ『学生アリスシリーズ(江神二郎シリーズ)』の順番紹介です!

 

ホームズ役として『江神二郎』、ワトソン役として『有栖川有栖』が登場する人気シリーズ。1988年~90年の日本を舞台とし、2人とも英都大学推理小説研究会(EMC)に所属しています。

 

有栖川有栖さんの人気シリーズといったら、この他に作家アリスシリーズがあります。

 

シリーズ名が似ているので関係あるのかな?と思いましたが、それぞれのシリーズはパラレルワールドな設定になっていて、どちらかがどちらの続編ということではないそう!

 

パラレルワールドな設定とは、学生アリスシリーズの有栖川有栖(作者の名前の登場人物です!)が、作家アリスシリーズを執筆しているということです!

作家アリスシリーズでは、この逆です! 面白い設定! 

学生アリスシリーズ(江神二郎シリーズ)順番!

作家アリスシリーズは現時点で全28作品となっていますが、学生アリスシリーズ作品は全部で長編4作品+短編1作品ありました!

 

そして、シリーズ第1作『月光ゲームーYの悲劇’88』は、有栖川有栖さんのデビュー作でもあります!

 

ちなみに、どの長編作品にもエラリークイーンでおなじみの『読者の挑戦』が登場します!ストーリーと合わせてなぞ解きを思う存分楽しみましょう!

 

では、早速順番紹介していきます٩( ''ω'' )و

月光ゲーム―Yの悲劇'88

夏合宿のために矢吹山のキャンプ場へやってきた英都大学推理小説研究会の面々を、予想だにしない事態が待ち構えていた。

 

山が噴火し、偶然一緒になった三グループの学生たちは、陸の孤島と化したキャンプ場に閉じ込められてしまったのだ。その極限状況の中、まるで月の魔力に誘われたように出没する殺人鬼! 有栖川有栖のデビュー長編。

孤島パズル

英都大学推理研初の女性会員マリアと共に南海の孤島へ赴いた江神部長とアリス。島に点在するモアイ像のパズルを解けば時価数億円のダイヤが手に入るとあって、早速宝捜しを始める三人。

 

折悪しく嵐となった夜、滞在客のふたりが凶弾に斃れる。救援を呼ぼうにも無線機が破壊され、絶海の孤島に取り残されたアリスたちを更なる悲劇が襲う!

双頭の悪魔

四国山中に孤立する芸術家の村へ行ったまま戻らないマリア。英都大学推理研の一行は大雨のなか村への潜入を図るが、ほどなく橋が濁流に呑まれて交通が途絶。

 

川の両側に分断された江神・マリアと、望月・織田・アリス――双方が殺人事件に巻き込まれ、各各の真相究明が始まる。読者への挑戦が三度添えられた、犯人当ての限界に挑む大作。

女王国の城

ちょっと遠出するかもしれん。そう言ってキャンパスに姿を見せなくなった、われら英都大学推理小説研究会の部長、江神さん。向かった先は“女王”が統べる聖地らしい。

 

場所が場所だけに心配が募る。週刊誌の記事で下調べをし、借りた車で駆けつける―奇しくも半年前と同じ図式で、僕たちは神倉に“入国”を果たした。部長はここにいるのだろうか、いるとしたらどんな理由で―。

江神二郎の洞察

英都大学に入学したばかりの一九八八年四月、ある人とぶつかって落ちた一冊――中井英夫『虚無への供物』――が、僕、有栖川有栖の英都大学推理小説研究会(EMC)への入部のきっかけだった。

 

アリス最初の事件ともいうべき「瑠璃荘事件」、著者デビュー短編「やけた線路の上の死体」、アリスと江神の大晦日の一夜を活写した「除夜を歩く」など、全九編を収録。

 

昭和から平成へという時代の転換期を背景に、アリスの入学からマリアのEMC入部まで、個性的なEMCメンバーたちとの一年を瑞々しく描いたファン必携の短編集、待望の文庫化。

以上、長編4作品+短編1作品です!

まとめ

有栖川有栖の人気シリーズ『学生アリスシリーズ(江神二郎シリーズ)』の順番紹介でした!

 

最後に悲しいお知らせをしなければならないのですが、学生アリスシリーズはすでに完結までの作品数が発表されていて、長編は5作品で終わりだそうです。

 

つまり残すところあと1作品。三部作じゃなかっただけ良かったのか…(T_T)。

 

5作目が発表されるまではまだ時間があると思われますので、作家アリスシリーズと合わせて、有栖川有栖作品を思う存分堪能しつつ待つこととしましょう٩( ''ω'' )وそれではー!

 

▼シリーズ第1作『月光ゲームーYの悲劇’88』は、なんとAudibleで聴くことができますよ(*´▽`*)!オーディオブック派の方は無料体験もぜひご検討下さい(*´▽`*)!

 

>>Audible無料体験してみる!