あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【シャーロキアン必読!】『シャーロック・ホームズ大図鑑』を紹介します!【デイヴィッド・スチュアート・デイヴィーズ】

f:id:abeshi01:20190423123630j:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。

今日は全シャーロキアン必読&必携な一冊をご紹介!

 

デイヴィッド・スチュアート・デイヴィーズ著『シャーロック・ホームズ大図鑑』を読んでみました!

正典の全てをオールカラーで解説!?『読む鈍器』とも呼ばれているほど充実した内容の大図鑑が登場!

今回は生粋のシャーロキアンはもちろん、シャーロックホームズ初心者でも楽しめる『シャーロック・ホームズ大図鑑』の紹介記事を書いていきます!

【シャーロキアン必読!】『シャーロック・ホームズ大図鑑』を紹介します!【デイヴィッド・スチュアート・デイヴィーズ】

今回は三省堂さんから2016年に出版されたデイヴィッド・スチュアート・デイヴィーズ著『シャーロック・ホームズ大図鑑』を読んでみましたよ!

 

いつも通り、まずは内容紹介をしていきます!

「まだらの紐」「赤毛組合」〈「四つの署名」「バスカヴィル家の犬」…。コナン・ドイルによる正典60作品の内容を、オールカラーの図解・写真入りで紹介。

 

著者・主要キャラクターや作品の時代背景の解説、映像作品の紹介、関連作の一覧などを付けた、「シャーロック・ホームズ」解説本の決定版!

正典60作品すべてオールカラーで解説!

今回紹介するのは『シャーロック・ホームズ大図鑑』!

 

正典と呼ばれている長編4作と短編56作、合計60作品すべてがオールカラーで解説されています!

 

各ストーリーの詳細解説だけにとどまらず、著者コナンドイル、作品が書かれた背景、ヴィクトリア朝時代、映像化作品、ホームズのパスティーシュ作品などなど、ホームズ作品に関連するありとあらゆる情報が網羅されているのです!

大雑把に説明することも難しいぐらいの膨大な情報量がつまった一冊。さすが大図鑑…。

『Big Ideas Simply Explained』シリーズの一冊!

あとがきにも書かれている通り、こちらの一冊は『Big Ideas Simply Explained』というシリーズの一冊。

 

元は洋書で、日本語版は三省堂から『大図鑑シリーズ』として出版されています!

 

神保町の三省堂に立ち寄った際に大図鑑シリーズの存在を知りましたが、 まさかシャーロック・ホームズの大図鑑まで登場しているなんて気がつきませんでした。

本書との出会いは図書館新着コーナーでした。驚きのあまり二度見してしまいました…笑。

ちなみに『第40回日本シャーロック・ホームズ大賞』も受賞しています!

同時受賞している『名探偵ホームズ全集 山中峯太郎訳』も気になる…。 

シャーロック・ホームズ大図鑑 おすすめポイント!

続いて本書のおすすめポイントを紹介!冒頭から触れている通り、図や写真がとにかく豊富です!

 

ホームズが掲載されていたストランドマガジンの書影や挿絵、物語に登場する舞台の由来となった場所などパラパラと眺めているだけでも面白い!

 

ホームズといえば『まだらの紐』、『青いガーネット』、そして児童書版『バスカヴィル家の犬』の三作品しか読んでいませんが(!)、そんなシャーロックホームズ初心者でも十分楽しめました!

 

Twitter上の口コミでも驚くほどの高評価!それもそのはずで、これだけ内容が充実していれば満足度が高くなるのは必然です笑!

個人的にはミステリー小説の歴史がまとめられた『犯罪小説と探偵小説』の章が面白かった!

シャーロック・ホームズ大図鑑 読む際の注意点!

ただ一つだけ注意点があり、作品解説はネタバレのオンパレードになっています!

 

一度読んだことがあるよという方にとっては、ストーリーを思い出したり、もっと深掘りできるため読み応えのあるパートなのですが…。

未読の作品でネタバレは嫌だという初心者の方は図や写真をパラパラ眺める程度がおすすめだよ!

まとめ

デイヴィッド・スチュアート・デイヴィーズ著『シャーロック・ホームズ大図鑑』を紹介してみました!

 

ホームズ作品のありとあらゆる情報がこの一冊に凝縮されています!

 

生粋のシャーロキアンからホームズ初心者まで楽しめる内容になっていますので、書店で見かけた際にはぜひパラパラと眺めてみて下さい!

『シャーロック・ホームズ大図鑑』を読んだ方は必ず本家ホームズ作品を読みたくなるハズ!ぜひ合わせてチェックしてみて下さい!それではー!

www.abelog-plus.com