あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【ジョー・イデ】『IQシリーズ』の順番とあらすじを紹介します!【新世代シャーロック・ホームズ登場!】

f:id:abeshi01:20190610122504j:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。

今日紹介するのは、ジョー・イデさんの『IQシリーズ』です!

舞台はロンドン…じゃなくてLA!?新世代のシャーロック・ホームズ登場だよ!

今回は、ジョー・イデ『IQシリーズ』の概要や順番をあらすじと合わせて紹介していきます٩( ''ω'' )و!

【ジョー・イデ】『IQシリーズ』の順番とあらすじを紹介します!【新世代シャーロック・ホームズ登場!】

今回紹介するのはジョー・イデ『IQシリーズ』

 

物語の主人公は黒人の青年、アイザイア・クィンターベイ。

 

アイザイアが暮らす黒人コミニュティで探偵として活躍し(無報酬で活動するスタイル)、タイトルにもなっている『IQ』というニックネームで知られている。

 

IQというニックネームの通りめちゃくちゃ頭が良く、そのIQの高さを武器に厄介ごとを解決してしまいます!

 

冒頭から紹介している通り、本作は新世代のシャーロック・ホームズと呼ばれている作品で、実は『このミステリーがすごい!2019年版(海外編)』で3位にランクインしています!

ホームズで犬と聞くと、やっぱり『バスカヴィル家』を思い浮かべてしまう…!

桁外れの頭脳。並はずれた観察力。頭を使って事件を解決に導くホームズ型のヒーローはそれだけで魅力を感じてしまいます。

 

このミス以外にもアンソニー賞、シェイマス賞、マカヴィティ賞などのミステリ新人賞で三冠を達成!

 

そしてなんと!あのエドガー賞の最優秀長編賞にもノミネートされたそうです!

すごい賞を受賞しているからといってそればかり前面に押し出すのもどうなの?

という声が聞こえてきそうですが、これだけどどーんと受賞されてるといやでも気になってしまいます!

 

ちなみに著者のジョー・イデさんは日系アメリカ人の方。50代後半で書き上げたシリーズ第1作『IQ』が大ヒットし遅咲き作家としてデビューされたのです。

 

新世代のシャーロック・ホームズを誕生させてしまうだけあって、子供の頃の愛読書はやっぱりホームズ。

 

12歳までに全ての長編、短編を読破し、その後も繰り返し読み続けていたそうですよ。

twitter上でも高評価な感想ツイートが多く見られました!ホームズ好きなら確実に楽しめそう!

【ジョー・イデ】『IQシリーズ』順番とあらすじ!

今回は『IQシリーズ』で、全2作品をリストアップしました!

 

タイトルがシンプルなので順番迷子になることはないハズ!それではあらすじとともに紹介していきます٩( ''ω'' )و!

IQ

ロサンゼルスに住む黒人青年アイゼイアは‶IQ〟と呼ばれる探偵だ。

 

ある事情から大金が必要になった彼は腐れ縁の元ギャング、ドッドソンからの口利きで大物ラッパーから仕事を請け負うことに。だがそれは「謎の巨犬を使う殺し屋を探し出せ」という異様なものだった! 

 

奇妙な事件の謎を全力で追うIQ。そんな彼が探偵として生きる契機となった凄絶な過去とは――。

 

新たなる‶シャーロック・ホームズ〟の誕生と活躍を描く、新人賞三冠受賞作!

IQ2

苦境に陥ったクラブDJを助けてほしいと依頼された探偵IQ。

 

相棒ドッドソンとラスベガスに赴くが、行く手には裏社会の魑魅魍魎が……

以上、2作品です!

まとめ

ジョー・イデ『IQシリーズ』の順番紹介でした!

 

ミステリ新人賞三冠達成!新世代シャーロック・ホームズ登場!と聞かされては気にならずにはいられません!

 

まだシリーズ作品数は少ないですが、すでに今からシリーズ長期化を期待してしまいます!ホームズ好きな方はぜひシリーズ第1作『IQ』から手に取ってみて下さい!

『IQシリーズ』を読んでいて元祖シャーロック・ホームズシリーズも気になり始めてしまった方へ!順番をまとめていますのでぜひ合わせてどうぞ!それではー!

www.abelog-plus.com