あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【本体価格10万円!】京極夏彦『姑獲鳥の夏』超豪華金箔本で登場!【作家デビュー25周年記念】

f:id:abeshi01:20190425161652j:plain

『とんでもない本が誕生するらしい…!』という噂を聞きました。どうやら京極夏彦さんの作品ということですが一体どんな本なんだろう…。と噂の本の情報をお探しの方。こんにちは、あべし(@honjituno)です。

京極夏彦さんデビュー作『姑獲鳥の夏』が超豪華金箔本で登場です!

いつの間にか…定価が10万円!?『姑獲鳥の夏』超豪華特装本が爆誕したよ!

今回は京極夏彦さん作家デビュー25周年を記念して作られた超豪華金箔本について紹介記事を書いていきます!

【本体価格10万円!】京極夏彦『姑獲鳥の夏』超豪華金箔本で登場!【作家デビュー25周年記念】

作家デビュー25周年記念!

冒頭のツイートの通りです。講談社からとんでもない一冊が誕生してしまいました…。

 

最も完結に説明されているのは以下のツイートですね。

またまた~!と思いつつ、ツイートの詳細を何度も確認してしまいました。マジでした…。

本体価格10万円!とか金箔!とかだけ聞いてるとネタ感がありますが、今回の企画はもちろんネタではない本気の企画です!

 

京極夏彦さん作家デビュー25周年を記念して作られた超豪華&超特別な一冊なのです!

コレクターアイテム感が強いです。ファンならもちろん、正直そこまでファンじゃないのに(!)手を伸ばしてしまう方もたくさんいそう!

金沢の老舗『箔座』とコラボレーション!? 

今回の企画は金沢の老舗『箔座』とコラボレーション!さらにデザイナー『坂野公一』さんが装丁を担当されました。

 

京極夏彦×伝統工芸×坂野公一。その化学反応から生まれたのが『姑獲鳥の夏GOLD』です!

『姑獲鳥の夏GOLD』ってかっこよすぎです。思わず口に出して言いたくなる笑。

デザイナーの坂野さんは今回のデザインについて以下のコメントをされています。

「本を金箔で覆う」ことを発想の起点に、「黒には闇、赤には姑獲鳥、金には児」のイメージをなぞらえ、「姑獲鳥」自体を体現する装幀こそが最適解と考え、デザインをまとめました。

 

金色に輝く児を母胎から取りあげるが如く、この黄金の本を母胎にも棺にも感じられる箱の中から取り出すことで、

 

『姑獲鳥の夏』が刊行された25年前の晩夏に思いを馳せつつ重層的な産声を感じる──そんな体験を伴う装幀になればとの思いを込めて。

ここまで作り込まれているなんて…本体価格10万円も納得ですね。

Twitterの反応が面白い!

講談社の宣伝ツイートの拡散され具合もすごいですが、Twitter上の口コミも面白いです!

 

『気になる!でも10万円か…。でも欲しい!』というファンの方々の切実なツイートと共に、こんなツイートも発見!

iPad Proとの比較!鈍器力あり…笑。

 そして現役ミステリ作家さん達のツイートもちらほら! 

『屍人荘の殺人』の今村昌弘さんもコメント!巨大ぬいぐるみ(某東京創…)を持っているそうです! 

綾辻行人さんもコメント!過去の豪華本について言及されています(ちなみに両方持っているらしいです)!もちろんこちらも購入されるハズ…!?

特装本は受注限定生産!

これまで紹介してきた通り、本作はめちゃくちゃ豪華。そして金箔。つまり…。

こんな本は書店に並べられません…!

というわけで、三井ショッピングパーク『&mall(アンドモール)』上からの受注限定生産となっています。

 

注文したらすぐに発送されるわけではなく、実際に手元に届くのは9月ですのでお気をつけください!

 

また、特装版の概要は以下の通りです(※公式サイトより引用)!

受注限定生産

価格:100,000円(税抜)

サイズ:四六判 縦220mm×横170mm(箱サイズ)

仕様:本革総金箔貼り 三方金 専用化粧箱入り

   巻頭特別カラー口絵 著者直筆サイン入り

本革の表紙に金箔が施され…。三方金、専用化粧箱入り…。著者直筆サイン入り…。控えめに言ってヤバいです。孫の代まで大切にしていきましょう。

まとめ

京極夏彦さんデビュー作『姑獲鳥の夏』の超豪華金箔本を紹介しました!

 

作家デビュー25周年を記念して『姑獲鳥の夏Gold』が誕生しました。

 

本体価格10万円となかなか手が届きにくい雰囲気ではありますが、またとない機会ですのでファンの方は購入をご検討をしてみてはいかがでしょうか?

 

ぼくはもちろん購入…できないのでどなたかのレビューをお待ちしております!!!

『姑獲鳥の夏』は京極夏彦さん代表作『百鬼夜行シリーズ』の第1弾!シリーズ未読の方はぜひ合わせてチェックしてみて下さいね!ぼくも頑張って読み進めます!それではー!

www.abelog-plus.com