あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【アガサ・クリスティー】『トミー&タペンスシリーズ』の順番とあらすじを紹介します!

f:id:abeshi01:20190419095037j:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。

今日紹介するのは、アガサ・クリスティー『トミー&タペンスシリーズ』です!

ポアロやマープルだけじゃない!クリスティーが晩年まで書き綴ったおしどり夫婦探偵が活躍する人気シリーズ!

今回は、アガサ・クリスティー『トミー&タペンスシリーズ』の順番を紹介していこうと思います٩( ''ω'' )و!

【アガサ・クリスティー】『トミー&タペンスシリーズ』の順番とあらすじを紹介します!

今回紹介するのはアガサ・クリスティー『トミー&タペンスシリーズ』

 

本シリーズに登場する探偵はトミー・べレズフォードとタペンス・カウリイ夫妻。もともと幼なじみだった二人は第一次世界大戦後に偶然再開し結婚します。

 

クリスティーのシリーズ作品といったら名探偵ポアロやミス・マープルが有名ですが、トミー&タペンスはクリスティー作品の中でも最初期の第二作『秘密機関』で初登場しているんですよ!

トミー&タペンスシリーズはクリスティーによって晩年まで書き綴られ、主人公の2人は物語の中で年を重ねていきます。

 

ちなみにシリーズ最終作となった『運命の裏木戸』はクリスティーが一番最後に書いた作品です。

本シリーズは連作短編集含め全5作品!順番に読んでいくと物語の中で2人が年を重ねていき、時の流れを感じることができますよ!ぜひシリーズ一気読みしてみてね!

【アガサ・クリスティー】トミー&タペンスシリーズ順番とあらすじ!

今回は『トミー&タペンスシリーズ』で、連作短編集を含む全5作品を刊行順にリストアップしました!

 

それではあらすじとともに紹介していきます٩( ''ω'' )و!

秘密機関

戦争も終わり平和が戻ったロンドンで再会した幼なじみのトミーとタペンス。

 

ふたりはヤング・アドベンチャラーズなる会社を設立し探偵業を始めるが、怪しげな依頼をきっかけに英国を揺るがす極秘文書争奪戦に巻き込まれてしまう。

 

冒険また冒険の展開にふたりの運命は?名コンビ誕生の記念碑的作品を最新訳で贈る。

おしどり探偵

冒険好きな若夫婦のトミーとタペンスが、国際探偵事務所を開設した。平和で退屈な日々は、続々と持ちこまれる事件でたちまち慌ただしい毎日へと一変する。

 

だが、二人は持ち前の旺盛な好奇心と若さとで、猟犬のごとく事件を追いかける!おしどり探偵が繰りひろげるスリリングな冒険を描いた短篇集。新訳で登場。

NかMか

情報部からナチの大物スパイ“NとM”の正体を秘密裡に探るという任務を帯びたトミーは、妻のタペンスには内緒で任地へと赴いた。

 

だが、タペンスとて一筋縄でいく女ではない。騙されたふりをして先回り。

 

かくして二人は、大規模なナチ・スパイ網のまっただなかへと飛びこむことに…スリル満点の冒険ミステリ。

親指のうずき

亡くなった叔母の遺品、一幅の風景画を見たタペンスは奇妙な胸騒ぎをおぼえた。描かれている運河のそばの一軒屋に見覚えがあったのだ。

 

悪い予感を裏づけるかのように、絵のもともとの所有者だった老婦人が失踪した…

 

初老を迎えてもますます元気、冒険大好きのおしどり探偵トミーとタペンス、縦横無尽の大活躍。

運命の裏木戸

長閑な生活をおくるべく、トミーとタペンスは田舎の家へ引っ越した。が、家で発見した古本には「メアリは自然死ではない」とのメッセージが!

 

メアリという育児係が、のちにスパイ容疑をかけられ、不可解な死を遂げたことを知った二人は、大々的に聞き込みを開始する。

 

すてきに齢をかさねた老夫婦探偵の大活躍。

以上、5作品です!

まとめ

アガサ・クリスティー『トミー&タペンスシリーズ』の順番紹介でした!

 

クリスティーによって晩年まで書き綴られたおしどり夫婦探偵が登場する人気シリーズ!

 

ポアロやマープルシリーズしか読んだことないという方はぜひ第一作『秘密機関』から手に取ってみて下さい!

最後に!クリスティー有名シリーズポアロとマープルシリーズについてもまとめています!ぜひ合わせてチェックしてみて下さい!それではー!

www.abelog-plus.com

www.abelog-plus.com