あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【新刊情報】ファイロ・ヴァンスシリーズ『カナリア殺人事件』新訳版が4月21日に発売!

f:id:abeshi01:20180413002442p:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。今日は海外ミステリの新刊情報をお届けします!

 

ヴァン・ダインのファイロ・ヴァンスシリーズ『カナリア殺人事件』新訳版が4月21日に発売しますよ!

 

▼ファイロ・ヴァンスシリーズ順番紹介はこちら!

www.abelog-plus.com

ファイロ・ヴァンスシリーズ『カナリア殺人事件』新訳版が4月21日に発売! 

今日紹介する新刊は、クラシックミステリで人気が高いヴァン・ダインの作品です!

 

ファイロ・ヴァンスシリーズ『カナリア殺人事件』が新訳版で発売するんです!ちなみに、シリーズ2作目の作品ですよ! 

ブロードウェイで男たちを手玉に取りつづけてきた、カナリアというあだ名の美しいもと女優が、密室で無残に殺害される。

 

殺人事件の容疑者は、わずかに四人だが、犯人のきめ手となる証拠は皆無。

 

矛盾だらけで不可解な犯罪に挑むのは、名探偵ファイロ・ヴァンス。独自の推理手法で犯人を突き止めようとするが……。

 

『ベンスン殺人事件』で颯爽とデビューした著者が、その名声を確固たらしめたシリーズ第二弾、新訳・新カバーで登場!

このシリーズを今から読もうと思っても、シリーズ12作品中新訳で読めるのは今回『カナリア殺人事件』を含めて3冊しかありません…。残りの2冊は第1作『ベンスン殺人事件』と第4作『僧正殺人事件』。

 

しかし、3冊『しか』というより、3冊『も』!と言った方が正しいような状況です。今の時代、過去の名作を新訳で出版し直してくれるだけでもすごいこと。

 

つまり、こつこつと新訳版を出し続けている東京創元社さんには、本当に感謝しかありません!!

 

ゆっくりでも全然構わないので、まず第3作『グリーン家殺人事件』で1~4作目まで新訳版で読めるようにして、それから第5作『カブト虫殺人事件』から最後の12作目までこつこつ世に送り出して欲しいです!

 

今日紹介したのはヴァン・ダインでしたが、まだ紹介していない作品で今後新訳として出版予定の作品がまだ少しあります!こういった流れは本当に大切なので、新訳版出版がこれからも盛り上がっていって欲しい!

 

このブログでも取り上げている人気シリーズのものですので、発売日が近づいてきたらブログで紹介したいと思います!それではー!