あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【書評】倉知淳『星降り山荘の殺人』を読んでみた!【読者への挑戦付き吹雪の山荘大どんでん返しミステリ】

f:id:abeshi01:20190624121254j:plain

こんにちは、あべし(@honjituno)です。

今日はおすすめミステリー小説のレビュー記事です!

 

倉知淳『星降り山荘の殺人』を読んでみました!

吹雪の山荘という定番のクローズド・サークル!読者への挑戦付きで大どんでん返しのラスト…!?ミステリー好きが大好きな要素がてんこ盛りの名作だよ!

今回もおすすめポイントを紹介しつつ、ネタバレなしでレビュー記事を書こうと思います! 

【書評】倉知淳『星降り山荘の殺人』を読んでみた!【読者への挑戦付き吹雪の山荘大どんでん返しミステリ】

今回は倉知淳『星降り山荘の殺人』を読んでみました!

 

まずはいつも通り内容紹介をしていきます!

『星降り山荘の殺人』概要紹介!

雪に閉ざされた山荘に、UFO研究家、スターウォッチャー、売れっ子女性作家、癖の強い面々が集められた。

 

交通が遮断され電気も電話も通じなくなった隔絶した世界で突如発生する連続密室殺人事件!

 

華麗な推理が繰り出され解決かと思った矢先に大どんでん返しが!?見事に騙される快感に身悶えする名作ミステリー。

本作の主人公は杉下和夫は広告会社、センチュリー・アド社に勤務するサラリーマン。

 

上司と問題を起こしてしまい、カルチャークリエイティブ部へと移動(左遷?)することになる。

 

そこでスターウォッチャー・星園詩郎の付き人として、詩郎の出張に同行することになり、本作の舞台『埼玉県渡河里岳コテージ村』へと到着。

 

そこには和夫と詩郎の他にもUFO研究家や、売れっ子女性作家とその秘書、女子大生というメンバーが集まっており…。

 

わいわい楽しくすごしていたはずが…。殺人事件が発生!

 

警察に知らせようと下山を試みるも途中の道が雪崩でふさがれており断念!

 

次第に天候が崩れ、外とも連絡が取れず、吹雪の山荘という絵に描いたようなクローズド・サークルが完成してしまう!

 

犯人はこのメンバーの中にいるのか…。和夫と詩郎が事件の捜査を開始する。

という感じのストーリーだよ! 

ミステリー好きが大好きな要素がてんこ盛りの名作!

今回紹介するのは倉知淳『星降り山荘の殺人』です。

 

最近、少し昔の定番作品で面白いと評判の作品を開拓読書中。実は20年以上も前に執筆された作品なのですが、今なおベストミステリーの座に輝き続ける人気作です。

 

本作で倉知作品デビューだったのですが、噂に違わずとても面白かったです!

 

ちなみにどのように本作を知ったのかというと、『〇〇ミステリー おすすめ』などと検索した際に、色んなおすすめリストに登場していたからでした。

 

本作はクローズド・サークルの名作。読者への挑戦付きの名作。そして大どんでん返しの名作といわれている作品!

 

読む前の情報はそれだけでしたが、それだけで十分です笑!魅力的なミステリー要素がこれでもかというほどてんこ盛り!とても贅沢な作品なのです!

こんな作品、未読はありえません!ミステリー好きな方ならきっと分かって頂けるハズ!

ガチガチのミステリーではありません!

『えっ!?それじゃ、ミステリー好きな人しか楽しめないの??』と思われるかもですが、心配無用!

 

実際に読んでみるまでは分かりませんでしたが、本作はガチガチの本格ミステリーではありません!

 

物語全体がユーモアというか、シリアスすぎず適度にゆるい雰囲気に包まれています。

 

綾辻行人さんの小説ではきっとお目にかかれない感じです…!

 

ミステリー初心者の方や、ミステリーでも少しユーモアが混じっていた方が読みやすいという方にもおすすめです!

お気に入りは酒盛りのシーン!クローズド・サークルなのに、殺人事件起こってるのに夜中みんなでわいわい…読んでいて和みました笑。

頻繁に登場する但し書きに…注意!?

本格ミステリーの王道な舞台設定。探偵役とワトソン役の登場。大どんでん返しのラスト。

 

先ほども紹介した通りどれも大変魅力的ですが、本書を決定的に面白くしているのは『読者への挑戦状』の部分です!

 

本作では読者のために作者によって書かれた但し書きが頻繁に書き込まれています。

まず本編の主人公が登場する

主人公は語り手でありいわばワトソン役

つまり全ての情報を読者と共有する立場であり

事件の犯人では有り得ない(p.7)

ちなみにこちらは物語冒頭の一文です。こんな雰囲気の但し書きが、各章タイトルや区切りの場面に登場するのです。

 

つまり、まず堂々と『事件の犯人では有り得ない』とか『重要な伏線がいくつか張られている』とか書かれていて、読者はその後のパートを読んでいくことになります。

 

当然『なんて親切なんだ!なるほどなるほど。』と読み進めることになるわけですが…!

 

素直な気持ちで、その通りに読み進めていくとほぼ100%の確率で騙されてしまうのです…。

 

これ以上はネタバレになってしまうので書けません。実際に本作を読んで確かめてみて下さい!

ミステリー歴は比較的浅いけど、こんなラスト…今まで読んだことがありませんでした!!!思いっきり騙されたので逆に気持ちが良かったです笑!

まとめ

倉知淳『星降り山荘の殺人』をレビューしてみました!

 

無理やり一言でいうなら『読者への挑戦付き吹雪の山荘大どんでん返しミステリ』。ミステリー小説好きなら思わず飛びついてしまうほど、魅力的な要素がてんこ盛りの作品です。

 

とはいえ、ガチガチの本格ミステリーというわけではありませんので、ミステリー初心者でも楽しめる一冊。

 

新訳版も出版されていますので、ラストで盛大に騙されたい方はぜひ手に取ってみて下さい!

本作と同様の舞台設定『吹雪の山荘』が登場するおすすめ作品をまとめています!ぜひ合わせてチェックしてみてください!それではー!

www.abelog-plus.com