あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【新刊発売日】A・A・ミルン『赤い館の秘密 【新訳版】』が3月20日発売です!【プーさんファン必読】

f:id:abeshi01:20190228135036j:plain

普段ミステリー小説はあまり読まないけど、クマのプーさん大好きです!という方。こんにちは、あべし(@honjituno)です。

今日は東京創元社から新刊紹介です!

 

創元推理文庫からA・A・ミルン『赤い館の秘密 【新訳版】』が発売されます!

クマのプーさんでおなじみ!A・A・ミルン唯一の長編ミステリが新訳版で登場!3月20日発売だよ!

プーさんファンは必読!?今回はA・A・ミルン『赤い館の秘密 【新訳版】』について紹介していきます!

 A・A・ミルン『赤い館の秘密 【新訳版】』が3月20日発売です!

今日紹介するのは、A・A・ミルン『赤い館の秘密 【新訳版】』です!

 

いつも通り、まずあらすじを紹介していきます٩( ''ω'' )و!

長閑な夏の昼下がり、田舎の名士の屋敷、赤い館で銃声が轟いた。

 

死んだのは、15年ぶりに館の主マークを訪ねてきた兄。発見したのは館の管理を任されているマークの従弟と、友人を訪ねてきた青年ギリンガムだった。

 

発見時の状況から当然マークに疑いがかかるが、マークは行方知れず。興味をひかれたギリンガムは、友人をワトスン役に事件を調べ始める。

 

『クマのプーさん』で有名な英国の劇作家ミルンが書いた長編探偵小説、新訳決定版。

クマのプーさんでおなじみのA・A・ミルンが書いた唯一の長編ミステリー作品があると聞いたら、どんな作品なのか気になりますよね!

 

そんな少し意外な作家さんが書いた『赤い館の秘密 』。この度創元推理文庫から新訳版が出版されるのです!

やっぱりプーさん人気は強い!

世間一般の認知度的には圧倒的に『クマのプーさん』ですが、『赤い館の秘密 』といえばクラシックミステリ界隈ではかなりの有名作。

 

そんなわけで今回の新訳版出版のお知らせで、Twitter上には歓喜の声がちらほら!

みんな喜んでる!ミステリーファンにとって嬉しいニュース!

ちなみに赤い館の秘密の探偵役『ギリンガム』は、横溝正史作品に登場する『金田一耕助』のモデルとなった探偵だそうですよ!

 

プーさんの作者が書いた作品だし、タイトル(赤い館の秘密)も少しかわいい雰囲気だからと、何も知らずに読み始めたら、普通に殺人事件が発生するので驚いてしまうかもしれませんね笑。

 

古典ミステリー作品としても必読の作品ですので、ぜひ今回の新訳版をチェックしてみて下さい!

プーさんは登場しないのでがっかりしないでね…!

 まとめ

A・A・ミルン『赤い館の秘密 【新訳版】』が3月20日発売します!

 

クマのプーさんの作者が書いた唯一の長編ミステリー作品です。

 

読みやすい新訳版での登場ですので、一度読んだよという方もぜひ手に取ってみて下さいね!

創元推理文庫からは今後もぞくぞく新訳版が登場予定!4月以降もぜひチェックしてみて下さいね!それではー! 

www.abelog-plus.com

www.abelog-plus.com