あべろぐぷらす

元SEが半農半Xな暮らしを目指して頑張る様子を福島から発信するブログ

【厳選】アガサ・クリスティーおすすめ定番作品5選!【名作ミステリー小説】

f:id:abeshi01:20190312162711j:plain

『アガサ・クリスティーおすすめの名作が知りたい。忙しくて読書時間をあまり確保できないから厳選してくれると嬉しいな。』とお考えの方。こんにちは、あべし(@honjituno)です。 

今回紹介するのは、『アガサ・クリスティーおすすめ定番作品5選!』です!

全部で100冊ぐらいあるし…一体どれを読めばいいの!?そんな疑問にお答えします!

今回はおすすめのクリスティー作品を厳選して紹介!『アガサ・クリスティーおすすめ定番作品5選!』を書いていきます٩( ''ω'' )و!

【厳選】アガサ・クリスティーおすすめ定番作品5選!【名作ミステリー小説】

今回紹介するのは『アガサ・クリスティーおすすめ定番作品5選!』

 

アガサ・クリスティーといえばクラシックミステリー作家の中でも有名作家ですが、作品数が多いことでも有名。

 

早川書房から出ている赤い背表紙が目印の『クリスティー文庫』からは100冊以上出ているし、初めてクリスティー作品を読もうと思ったらどれから、一体どの作品から読んだらいいのか迷ってしまいますよね…。

番号順に読む…?それだと隠れた名作になかなかたどり着けないというジレンマ…。

めちゃくちゃ作品数多いし、どれから読もうかと迷ってる内に(もしくは1、2冊読んだだけで)、そのまま挫折してしまう…というのは非常にもったいないです!

 

クリスティーの膨大な作品の中には隠れた名作がたくさんあるのですから。

 

そんなわけで、今回はおよそ100冊あるクリスティー作品の中から、厳選して5作品紹介していきます!

 

ただ、今回のリストで紹介する名作は全然隠れていなくてどれも有名作品。

 

まずはここからという位置づけでお読みいただければと思います!

 

それと少しだけ話はそれますが、有名な作家であるがゆえにクリスティー作品は常にネタバレリスクと隣り合わせ。友人との何気ない会話の中で、あるいはたまたま見ていたテレビ番組で…。

 

いずれにせよ、クリスティー作品の中でも定番作品であればあるほど、そのリスクは高まります。

 

そんな悲しいことにならないうちに、気になる定番作品からどんどん読んでしまいましょう!

霜月蒼さん『アガサ・クリスティー完全攻略〔決定版〕』について

クリスティー作品については、霜月蒼さんが『アガサ・クリスティー完全攻略〔決定版〕』という超詳細でわかりやすいブックガイドを出版されています。

 

今回リストアップした作品を読んでみて『クリスティー作品、もっと読みたい!』と思われた方は、この本を読んでいただければ必ず次の1冊に出会えると思います。

 

気になる方はぜひ合わせてチェックしてみて下さい!

アガサ・クリスティーおすすめ定番作品5選!

今回は『アガサ・クリスティーおすすめ定番作品5選!』ということで、全部で5作品リストアップしました!

 

それではあらすじとともに紹介していきます٩( ''ω'' )و!

そして誰もいなくなった

その孤島に招き寄せられたのは、たがいに面識もない、職業や年齢もさまざまな十人の男女だった。

 

だが、招待主の姿は島にはなく、やがて夕食の席上、彼らの過去の犯罪を暴き立てる謎の声が……そして無気味な童謡の歌詞通りに、彼らが一人ずつ殺されてゆく!

 

強烈なサスペンスに彩られた最高傑作! 新訳決定版!

www.abelog-plus.com

スタイルズ荘の怪事件

旧友の招きでスタイルズ荘を訪れたヘイスティングズは、到着早々事件に巻き込まれた。屋敷の女主人が毒殺されたのだ。

 

難事件調査に乗り出したのは、ヘイスティングズの親友で、ベルギーから亡命して間もない、エルキュール・ポアロだった。

 

不朽の名探偵の出発点となった著者の記念すべきデビュー作が新訳で登場!

オリエント急行の殺人

冬の欧州を走る豪華列車オリエント急行には、国籍も身分も様々な乗客が乗り込んでいた。

 

奇妙な雰囲気に包まれたその車内で、いわくありげな老富豪が無残な刺殺体で発見される。

 

偶然乗り合わせた名探偵ポアロが捜査に乗り出すが、すべての乗客には完璧なアリバイが……ミステリの魅力が詰まった永遠の名作の新訳版。

www.abelog-plus.com

アクロイド殺し

深夜の電話に駆けつけたシェパード医師が見たのは、村の名士アクロイド氏の変わり果てた姿。

 

容疑者である氏の甥が行方をくらませ、事件は早くも迷宮入りの様相を呈し始めた。だが、村に越してきた変人が名探偵ポアロと判明し、局面は新たな展開を…

 

驚愕の真相でミステリ界に大きな波紋を投じた名作が新訳で登場。

ミス・マープルと13の謎

「未解決の謎か」ある秋の宵、ミス・マープルの家に集った客が口にした言葉がきっかけで、<火曜の夜クラブ>が結成された。毎週火曜日の夜、ひとりが知っている謎を提示し、ほかの面々が推理を披露するのだ。

 

凶器なき不可解な殺人「アシュタルテの祠」、動機と機会の奇妙な交錯「動機対機会」など傑作ぞろいの13編。ミステリの女王クリスティの生んだ名探偵として、いまなお世代を越えて愛される名探偵の短編集、新訳でリニューアル!

 

創元推理文庫創刊60周年記念、〈名作ミステリ新訳プロジェクト〉第1弾!

以上、5作品です!

まとめ

『アガサ・クリスティーおすすめ定番作品5選!』を紹介してみました!

 

どれも有名、定番な作品ですのでクリスティー作品の魅力を堪能することができます!

 

今回ご紹介した5冊を読んでもっと読みたいと思ったら、ぜひ残り90冊以上の作品にチャレンジしてみて下さい!きっと隠れた名作に出会えるハズ…!

最後に順番通り読んでいきたい派の方へ!クリスティーの有名シリーズ(ポアロ、マープル)について、シリーズ順番をまとめています!ぜひ合わせてチェックしてみて下さい!!それではー!

www.abelog-plus.com

www.abelog-plus.com